ニキビの原因と間違ったニキビ対策

ニキビができる原因は一つじゃない

ニキビの主な原因は皮脂の過剰分泌による毛穴のつまりとそれによる皮膚野炎症、またその炎症箇所に異常増殖してしまうアクネ菌と様々な要因が重なり発生します。

まずニキビの原因(化粧品でニキビ跡対策)の一番の要因である皮脂の以上分泌の原因は様々にあるのですがホルモンバランスの乱れやストレスが主な原因になります。思春期ににきびが出来やすいのもこの年代特有の成長ホルモンの分泌や思春期特有のストレスなどが引き金になると言えます。

また、大人ニキビにおいてもストレスやホルモンバランスの乱れが原因になるケースが多く皮脂の分泌量が著しく増えてしまいます。

ニキビはこの皮脂が毛穴に詰まる事で起こりますが毛穴が詰る要因としてス取れr酢などにより肌が自身を守ろうとして毛穴周りの皮膚が硬くなってしまいこの周辺の肌のターンオーバーが上手く働かなくなりより毛穴周辺の皮膚を硬くしてしまいます。

こうなる事で本来肌の外に排出されるはずの皮脂が硬くなった毛穴により上手く排出されず徐々にたまっていきやがてニキビの元になっていきます。たまった皮脂の周りでは本来なら肌を守る働きをするアクネ菌が異常増殖してしまいこれが元でニキビ箇所がやがて炎症を起こしてしまいます。

無理ににきびをつぶす、また間違ったスキンケアをしてしまうと炎症が更にひどくなります。炎症がひどくなると更にアクネ菌が増殖しやすい環境が整いニキビの悪循環に陥ってしまいます。ニキビ対策のケアにはまず専門の皮膚科などに相談して対策を考える事が一番です。

ニキビケアは慎重にやることが大切

ニキビの改善や予防のためのスキンケアとして一番気をつけておきたいのが肌を清潔にするためや毛穴の汚れを落とすために必要以上に洗顔をしすぎないと言う事です。

洗顔そのものは大切なものですが刺激の強い洗顔料や肌を無理に研磨するような洗顔はニキビのケアには逆効果で更に症状を悪化させてしまいます。なるべく優しく低刺激の洗顔剤で洗う事、なおかつ肌の保湿をしっかりと保てるものが理想的です。

ニキビ対策として、清潔にすることはもちろんですが、それでも改善しない場合は、サプリを飲むのもおすすめです。マルチビタミンを摂取することで、体全体を健康状態に保つことで、ニキビ対策をすることもできます。また、サプリで目が良くなる方法があるという話もあるので、サプリの効果には期待できます。